奥村組 to Homepage of English version
→SERACH
技術に関する情報

←土木技術トップへ
奥村組の土木技術 >> 橋梁・高架橋
橋梁・高架橋
 

 
地中梁省略高架橋構造
鉄道高架橋の耐震性を向上させるために、鉄筋量が増加し、施工性が悪化している問題を解決するため、構造的に応力をあまり分担していない、軌道方向の地中梁を省略する構造とした工法です。輻輳した配筋が緩和され、コストダウンが図れます。

詳細はこちら

 
プレハブ・複合部材を用いた橋梁下部工の施工法(3H工法)
高橋脚(背の高い橋脚)の築造における耐震性の向上、施工の効率化、経済性の向上等を目的にした技術です(独立法人土木研究所等との共同研究施工法)。主鉄筋の一部の鋼材への置き換え、プレキャスト型枠、大型昇降式型枠の採用等からなります。プレキャスト型枠には帯鉄筋を埋め込んでおり、鋼材、軸方向鉄筋等からなるスパイラルカラムを一体で建て込み、内部コンクリートを充填します。

詳細はこちら

土木技術トップページへ ページトップへ
   


会社案内
技術に関する情報
土木技術
建築技術
環境技術
CSR/社会・環境
実績集
施工実績集
建築設計作品集
採用情報
投資家の皆様へ
お問い合わせ サイトマップ サイトポリシー 個人情報保護ポリシー 情報セキュリティポリシー リンク一覧 奥村組協力会
COPYRIGHT2004 OKUMURA CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.