奥村組 to Homepage of English version
→SERACH
技術に関する情報

←土木技術トップへ
奥村組の土木技術 >> 山岳トンネル
 
山岳トンネル
 
 
切羽前方の地質予知システム/FACE
施工用の油圧削孔機によりL=〜50mの削孔(φ40〜55)を行い、その中にFACE用小口径ボアホールTVを挿入して、孔壁を観察記録する。低コストでかつ短時間で正確な切羽前方の地質データが得られます。
詳細はこちら

 
削孔データ(油圧削岩機)による地山評価システム
油圧削岩機がトンネル切羽の地山を削孔する際の削孔速度や打撃圧などの削孔データを測定・解析することにより地山の状態を判定し、事前に求めた削孔データと火薬使用量との関係式から現在の地山状態に対応する適切な火薬使用量を予測するシステム。観察者の熟練度によるばらつきを無くし、岩盤状態を定量的かつ客観的に評価することが可能となります。

 
山岳トンネル工事におけるCIM用ソフトウェア

山岳トンネル工事にCIMを導入するにあたり、これまで多大な労力を要していた3次元地盤モデルを効率よく作成できるとともに、このモデルに日々の掘削管理データや切羽前方探査データを連携させる作業を大幅に軽減できるソフトウェアです。


詳細はこちら

 
移動式坑内変位自動計測システム

車載型の自動整準機構付きトータルステーションと、計測データを転送する高感度無線伝送システムで構成された、トンネルの壁面変位を連続的に自動計測し、リアルタイムに監視できるシステムです。 得られた地山挙動データを元にして前方地山を予測することで、山岳トンネルの急速施工が可能となります。


詳細はこちら

 
TBM地山評価・施工支援システム
TBMの機械データを用いて、1.前方地山の探査・評価、2.切羽位置での地山評価、3.切羽崩壊やカッタヘッド閉塞検知をリアルタイムで行うことにより、TBMの合理的な施工を実現するシステムです。

詳細はこちら

 
TBM工法自動掘削システム
TBM工法における自動化システム。TBMの方向制御を自動的に行う自動方向制御システムと、掘削中のマシンデータと切羽地山判定システムに基づく、ファジー理論による最適な制御を行う掘進制御システムからなります。

詳細はこちら

 
TBM−ロックライナー工法−
リング支保とセグメントの長所を結合したもので、リング支保間に溶接金網を取り付けた構造のため、軽量・安価で組み立てが容易です。TBMのサポート内で、ロックライナーをエレクターで組み立てます。サポートより出ると同時に油圧ジャッキで拡張し、地山に密着、崩落性の地山でも、緩みを進行させず安全・効率的に掘進できます。

詳細はこちら

 
TBM工法(斜坑用)−全断面掘削型−
下方から上向きに一固定だけで斜坑掘削を行うもので、安全性の向上と工程短縮を可能としたシステム。万一崩落が発生した場合でも対応できるフルシールド型で、十分なトルクと推力を有しています。

詳細はこちら

 
TBM工法(斜坑用)−パイロット・リーミング方式−
40〜50度以上の傾斜がある斜坑の施工において、安全性の向上・施工の合理化に効果のある工法です。斜坑導坑をパイロットTBMで施工し、斜坑の切り拡げ掘削をリーミングTBMにより上から下に向かって行います。地山条件の良い場合は、全断面TBMで切り上ります。

詳細はこちら

 
TBM工法−立坑用−
TBMを用いて鉛直下向きに全断面掘削を行うもので、掘削と並行して覆工を行うことにより大深度立坑を急速で施工します。施工は下向きカッタヘッドに装備したディスクカッタで岩盤を破砕し、混気ジェットポンプで吸引、カプセル輸送等の設備で坑外へ搬送。掘削と覆工の並行作業ができるため、工期短縮と工事費の低減が可能となります。
詳細はこちら

 
TBM工法−既設トンネル改修用−
老朽化した長大水路トンネルの更新にあたって、トンネルの拡幅、改修を安全かつ急速に施工するためのTBM工法です。掘削ズリの前出し、後ろ出しや全断面掘削もできるなど、改修トンネルのような条件に対し柔軟に対応できます。
詳細はこちら

 
SD工法(低公害岩盤掘削工法)
スロットドリルによりトンネル外周に溝を設け、掘削による振動や騒音の伝播を大幅に低減する工法で、爆薬を使わない無発破工法と、発破を併用して低振動で掘削できる発破併用SD工法とがあります。

詳細はこちら

 
SD・EDD発破工法
SD工法と電子式遅延雷管の双方の特長を利用して、発破時の振動・騒音を大幅に低減する工法です。市街地や既設構造物に近接した山岳トンネル工事において低振動・低騒音で効率のよい発破掘削が可能となります。

詳細はこちら

 
岩盤立坑の無発破掘削工法(SD立坑掘削工法)
岩盤立坑を低騒音・低振動で掘削する工法です。SD機により立坑外周部および切羽に、縦・下向きにスロットを削孔した後、ガス圧破砕工法や機械掘削工法により掘削します。壁面を平滑に仕上げ、緩みの低減ができます。また、エアブローとバキュームの併用によるスライム排出方式を装備しており、水平削孔速度以上の削孔が可能です。

 
高強度吹付けコンクリ−ト
NATMの大断面トンネル、シングル・シェル・ライニング構造のトンネルあるいは地山不良部等で適用できる高強度の吹付けコンクリートです。標準タイプ・緊急タイプ・高強度タイプ・低粉じんタイプの4種類あります。

詳細はこちら

 
いつでもショット工法(遅延コンクリートを用いたトンネル吹付け工法)
開発した凝結遅延剤をミキサー車に混入するだけで、任意の時間に吹付けることができます。延長の短いトンネルや夜間の運搬ができないトンネルに適用します。

詳細はこちら

 
EPショット工法(石炭灰原粉を用いた吹付けコンクリート工法)
吹付け材料のうち、セメントと細骨材の一部を石炭灰の原粉(エコパウダー)に置き換え、コストダウンと副産物の有効利用率の向上を図った吹付けコンクリート工法。材料の特性を十分生かした配合設計により必要強度を確保することができ、長期材齢での強度の伸びが大きく、吹付けの跳ね返り量が著しく少なくなる特性があります。中国電力(株)と共同開発。

詳細はこちら

 
MS先受け工法
切羽崩落等の危険性がある脆弱地山において、鋼管の軸方向剛性と注入材による改良効果により切羽前方地山を補強するフォアパイリング工法です。小径(φ76.3mm)の市販鋼管を使用し、施工効率の向上、削孔タイムの短縮、材料費の低減が図れます。また、掘削断面の拡幅も不要で、従来工法より約20%のコストダウンが図れます。

詳細はこちら

 
クリンジェット
(トンネル用電気集塵機)
粉じんや煤煙を集じん機内部で帯電させ、集じん極板に付着させることにより、7〜10μm以下の浮遊粉じんに対し高い集じん効果が得られます。軽量・コンパクトで、2,000m3/min機を4トン車に搭載できます。

詳細はこちら

 
覆工コンクリートの養生装置
「加温・保湿自動制御機能付き養生システム」と「保温・保湿マット養生システム」の2タイプを開発。覆工コンクリートの内部と表面の温度差によるひび割れ発生の抑制、コンクリートの水和反応の促進による強度発現の促進や緻密なコンクリート生成による耐久性の向上が図れます。

詳細はこちら

 
二次覆工用中流動コンクリート
スランプ15cmの普通コンクリートとスランプフロー65cmの高流動コンクリートの中間的な性状のコンクリート。型枠バイブレータによる軽微な締固めで充填できるため、覆工コンクリートの狭隘な施工空間に起因する充填不良やコールドジョイントなどの不具合を防止できます。

詳細はこちら

 
ガイドセル先端固定装置
山岳トンネルの発破工法において、装薬孔の穿孔中に生じるガイドセルのずれを抑制し、穿孔精度の向上を図って発破による掘削断面の過不足を抑制する技術です。長大トンネルの急速施工に必要な長孔発破における穿孔精度の向上に寄与します。

詳細はこちら

 
高速ずり搬出システム
ずり出し時に、切羽とクラッシャーの距離を20m程度まで近づけることでずり移送能力を高め、クラッシャーをトンネル掘進方向に縦列2台の配置として2段階の破砕にすることでクラッシング能力を強化し、ずりの高速搬出を可能としたシステムです。山岳トンネル工事のサイクルタイムの約3割を占めるとされる掘削ずりの処理時間を短縮することで急速施工を実現します。

詳細はこちら
 

土木技術トップページへ ページトップへ
   


会社案内
技術に関する情報
土木技術
建築技術
環境技術
CSR/社会・環境
実績集
施工実績集
建築設計作品集
採用情報
投資家の皆様へ
お問い合わせ サイトマップ サイトポリシー 個人情報保護ポリシー 情報セキュリティポリシー リンク一覧 奥村組協力会
COPYRIGHT2004 OKUMURA CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.